不動産担保ローン情報キャッチャー

高額ローンといえば銀行の住宅ローン。でも金利がばかになりません。そんな時利用したいローンとは?

off
2013年10月2日 不動産を担保するメリット

不動産担保型生活資金とはなんぞや

不動産担保については、例えば別宅を購入したい、大きな物を購入したい、という理由や複数のローンをまとめたいなど、自己の楽しみや生活状況改善のための利用が多い訳ですが一方で福祉的な意味合いの担保としても利用されています。

ちょっと前の項目でも触れましたが、生活資金のないお年寄りが自立した生活を送ることが出来るよう、行政などがその高齢者の不動産を担保として生活費の貸付を行う制度を実施しています。

これを不動産担保型生活資金といいます。

これは以前も触れた従来のローンの概念とは逆の仕組みである「リバースモーゲージ」というものであります。

言ってみれば、自宅を担保とする「年金制度」ということになります。

アメリカや欧米ではかなり普及していますが、日本ではそれほど一般的ではないかも知れません。

不動産担保型生活資金には自宅に住みながらにして生活費を受け取ることが出来るという事が最大のメリットですが一方、デメリットとしては「金利の上昇」「契約の期間よりも長生き」「不動産価値が下落」などがあげられています。